最近新しい家に引っ越してみたんですが、それがなかなか面白いんです。
東京の23区内にあり、職場のある千代田区まで30分ほどの場所なんです。

そして、なんとですね、家賃が五万円なんです。

大切な間取り情報を忘れていましたね!

間取りは廃業したラーメン屋さんの二階と三階です。
三階建てのビルなので、
ビルに一人で暮らしているわけです。

一階の元店舗だった場所を通り過ぎ、向こうずねを打ちそうなほどに急な階段を登ったうえに
私の住居スペースがあります。

もともとやっていたラーメン屋さんが住居(?)として使っていた場所なので、
設備は住める程度に整っています。

お手洗いもありますし、台所も、お風呂もあります。

特に生活に問題はありません、と思ったんでんすが、
ひとつ問題がでてきたんです。

今日はその問題とどうやって解決したのかを書いときます。
皆様もそんなことはないかと思いますがいざとなったら、
参考にして下さい。

問題1
玄関がない。
もう一度言います。玄関がない。
階段を上がってそのまま部屋なので玄関がないんです。
靴箱や段差、靴を置いたり脱いだりするスペースがないのです。

解決策
土足生活。
開き直って、アメリカ式に土足生活にしました。
靴のまま部屋へどーぞです。
靴で室内をうろうろ、履いた靴をそこらじゅうに脱いでます。
そして次の日また部屋の中で選んで履く。

さすがに仕事柄、パンプスとかを履いている日があるので、そういう日は帰ってすぐに
ビーサンや土足用のスリッパに履き替えます。
スニーカーなどで、もうそのままでいいやって日はもうそのまま履き続けてご飯を食べたり、
トイレに行ったり、
脱ぐのはお風呂に入るとき、ベットに入るとき、ソファにゴロンするときくらいですね。
その靴を脱いだ瞬間がなんとも言えない開放感を感じる事が出来ます!!
やはり日本人だ!と実感しちゃいますよね。

でも以外と出来ない生活ではなく、これはこれで面白いんじゃないかと感じてるんですよね。
しかし、次に引っ越す家はどうするかと聞かれると
100%、靴を脱ぐ家にすると答えます。こうじ酵素 口コミ